2010年11月10日

尖閣映像で海保職員が逮捕!すぐ公開しなかった政府の責任だ!


尖閣の映像は「自分が流出させた」として神戸の海保職員が逮捕

されるようです。

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐるビデオ映像が

流出した問題で、兵庫県などを管轄する第5管区海上保安本部

の職員が「自分が流出させた」と申し出て、海保側が事情を聴いて

いるという情報があり、捜査当局が確認を急いでいるようです。

個人的に尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐるビデオ映像流出

は「よくやってくれた」と思っていましたが、まさか私の地元神戸

にその人がいたとは・・・。

海保うらなみ.jpg

私もビデオを何度も見ましたが、なぜこのビデオをすぐに公開しな

かったのか不思議です。

このような逮捕者を出した責任は、すべては政府が負うべきでしょう。

今回の一連の事件を見るに、これでは海保の現場の人間はかわいそう

です。

政府には全く外交戦略が無いようです。

何故現場で命がけで働く海保や検察の人が政府に代わって外交まで

しなければならないのか・・・。

今回の船長の釈放は明らかに超法規的処置で政府がかかわるべき問題

でしょう。

検察が独自に勝手に釈放したような官房長官の発言は、政府には

「外交はありません」と言っているのと同じでしょう。

政府としては、裏で中国と交渉して、拘束された日本人社員の開放や

レアアース問題と引き換えにして今後何も文句を言わせないと確約を

とった上で、表向きは中国を刺激しないように政治的に解決した。

と検察に代わって会見すべきでありそれが外交ではないのか?

そもそも、司法としての検察庁が外交問題を考慮して犯人を釈放する

など全くおかしいではないか?アレだけのハッキリした証拠もあるのに。

今回神戸の海保職員が逮捕され、恐らく懲戒解雇処分となるでしょうが、

あまりにも理不尽でかわいそうでしょう。

すべては全く外交戦略の無い政府の責任です。ビデオは本来中国人を釈放

したときに日本国民に公開する義務があったと思います。

超法規的に中国人犯罪者を保釈したのですから、今回のビデオ流出問題

の責任者も責任を問わないで頂きたい!

日本は各国から外交的に何処までなめられなければならないのでしょうか?



               政府の無策外交にあきれる神戸市民より


神戸が舞台といえば、ジャズの街神戸が舞台の映画「ふたたび SWING ME AGAIN」

バレンタイン特集人気のチョコ、スイーツ、限定アイテム

吸いながら無理なく禁煙をサポート!!!

posted by ファン太 at 15:35 | TrackBack(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。