2011年01月31日

李が鮮烈Vボレー!日本4度目制覇/アジア杯

サッカー・アジア杯決勝

李忠成.jpg

サッカー・アジア杯決勝(日本1−0オーストラリア、現時時間29日、カタール・ドーハ)ザック・ジャパンが歓喜のVだ!! 日本代表(FIFAランク29位)は決勝で豪州代表(同26位)を延長の末に1−0で破り、2大会ぶりで単独最多となる4度目の優勝を飾った。延長前半9分から途中出場したFW李忠成(25)=広島=が、同後半4分に殊勲の決勝弾。アルベルト・ザッケローニ監督(57)就任後、初の公式大会でアジアの頂点に導いた。日本は13年にブラジルで開催されるコンフェデレーションズ杯の出場権も獲得した。

李忠成がゴール.jpg

オレが決める。日本を頂点へ導く。仲間たちの思いが詰まったボールに向けて、左足を全力で振り抜いた。FW李忠成だ。0−0の延長後半4分、左MFに位置を上げていた長友が上げた渾身の左クロスに、フリーで待っていた。会心の左足ボレー。延長前半9分から、FW前田に代わって途中出場した。2試合連続の延長突入で疲労困憊(こんぱい)のチームメートを救うのは、スタミナ十分の自分しかいなかった。


 「最高です。ずっと出られず待ち続けた。うれしい。ヒーローになろうと思っていました」

李忠成2.jpg

 お立ち台で胸を張った。代表初ゴールだ。今大会、DF吉田、DF伊野波、MF細貝に続いて4人目の国際Aマッチ初得点者となった。ザッケローニ監督の起用は的中の連続。全員で戦う日本代表の構図を、最後も見事に形にした。

 東京都下に実家を構える在日韓国人4世。経営する焼肉店のおいしい肉でたくましく育った男は、08年夏の北京五輪に日本代表として出場することを目指し、柏レイソル所属時代の07年2月に日本国籍を取得した。複雑な思いをした親族もいる中で、強い決意を胸に東京都庁を訪れた。だが、北京五輪は3戦3敗。「この借りはフル代表で返したい」と話していた。

 そこから時間はかかったが、昨季Jリーグで爆発。視察したザッケローニ監督の目に留まった。

 「最高の勝利。最高の気分。団結力で強い豪州に勝った。チュンソン(李)がやってくれると思っていた。思い切ってピッチへ送った。ベンチの選手が結果を出すのがこのチームの素晴らしさだ」

 ザッケローニ監督も興奮してたたえた。ベンチに負傷離脱したMF松井、香川、槙野、酒井のユニホームを掲げて臨んだファイナル。主力とみられた11人以外の選手からヒーローが連続出現した。2大会ぶりにアジアの頂点を奪還し、4度目の王者に。93年の米国W杯アジア最終予選・イラク戦で終了直前に追いつかれた「ドーハの悲劇」を完全に払拭した。ザック・ジャパンは14年ブラジルW杯に向けて強く、たくましく成長した。

豪快なシュートを決めた李忠成、アシストした長友がよかったですが、骨折で決勝に出れなかった香川真司が絶好調だっただけに残念。香川真司は神戸出身なので応援していたのですが・・・。


バレンタイン特集人気のチョコ、スイーツ、限定アイテム

癒しの温泉宿とグルメの旅情報サイト
posted by ファン太 at 14:31 | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

M・ジャクソン映画、興行収入2億ドル突破 日本でも人気



マイケル・ジャクソンの映画 This Is Itの人気が止まらない?

つい先日世界興行収入が1億ドル突破のニュースが流れたばかりなのに今回既に2億ドル。やはり米国以外では日本が興行収入1位と頑張っています。(笑)



【11月13日 AFP】故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんの記録映画『マイケル・ジャクソン This Is It(This Is It)』の世界興行収入が、公開から2週間で2億ドル(約180億円)を突破した。配給元のソニー・ピクチャーズエンタテインメント(Sony Pictures)が12日、発表した。

 同作は、6月に急逝した人気歌手ジャクソンさんのロンドン(London)復活公演のリハーサルなどを映画化したもので、米国とカナダでの興行収入が約6100万ドル(約55億円)となった。



 北米以外の主要国の中では日本の興行収入が最も高く、2720万ドル(約25億円)。その他は英国(1430万ドル、約13億円)、ドイツ(1210万ドル、約11億円)、フランス(1210万ドル、約11億円)、オーストラリア(720万ドル、約6億円)などとなっている。

 ソニー・ピクチャーズは声明で、「全世界の観客や批評家たちは、マイケル・ジャクソンさんとその音楽をたたえるものとしてこの作品を受け入れている」と述べた。(c)AFP

ランキング応援ありがとうございます⇒にほんブログ村
posted by ファン太 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ビヨンセ、脚線美を披露、サマンサタバサのパーティに登場!



【10月19日 AFP】コンサートのために来日した歌手のビヨンセ

(Beyonce)が都内で16日、自身がプロモーションモデルを務める

ファッションブランド「サマンサタバサ(Samantha Thavasa)」

主催のパーティに登場した。銀色の同ブランドのバッグを手に

「バッグを引き立てるために選んだ」と黒のミニのワンピース姿で

健康的な”脚線美”を披露。

  

ビヨンセは、ワールドツアーのため12日から来日中で「日本の

ファンはおしゃれをしてライブに来てくれるし盛り上がってくれる

ので私自身刺激を受けてます」。

このジャンルで人気のブログは⇒にほんブログ村 海外ニュース

またビヨンセは和食党で、「スケジュールが忙しくまだオフが取れ

ていませんが、枝豆とお酒がいただききたいです」と、コメント。

なんとビヨンセは和食がすきなんですね。

でも「枝豆とお酒」が和食と呼べるかどうかちょっと疑問です。(笑)

でも日本人がこんなコメントしたら、”呑み助のおっさん”呼ばわり

されそうですけどね。(笑)彼女に会う機会があれば「日本食には

美味しいものがいっぱいあるんですよ」と言いたいですね。
posted by ファン太 at 18:38| スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

岡崎ハット、森本の代表初ゴールでも喜べないお粗末な試合?



岡崎のハットトリックと森本の代表初ゴールなどで、日本がトーゴに

5-0で勝つことには勝ちましたが、ワールドカップ予選落ちで主力も

欠いた今日のトーゴならもっと点を取れていたはずです。ふらふら

わたしは不満です。ちっ(怒った顔)ゴール前での個人技での決定力のなさ

も光っていました。(笑)

相手に合わせるかのように徐々に日本も動きがお粗末に!

森本はゴール前の動きはともかくロングボールがきたときには、

全くと言っていいほどボールをキープできていなかったように思い

ます。ほんとに彼に任せて大丈夫なんでしょうか?

頭を丸めて?出直してほしいです。(笑)がく〜(落胆した顔)

期待が大きいだけに残念です。

【10月14日 AFP】サッカー国際親善試合、日本対トーゴ。

試合は日本が岡崎慎司(Shinji Okazaki)のハットトリックや

森本貴幸(Takayuki Morimoto)の代表初ゴールなどで5-0でトーゴ

に勝利した。(c)AFP


★2009サッカー日本代表★


 

このジャンルのブログをもっと見る⇒にほんブログ村 ニュースブログ

posted by ファン太 at 00:17| スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

西岡一撃必殺のパンチで3連続TKO防衛



まさに王者西岡の一撃必殺のパンチでした。わーい(嬉しい顔)

左フックの一撃が挑戦者のイバン・エルナンデスのあごを完全に砕いたようです。がく〜(落胆した顔)

【10月11日 AFP】ボクシング、WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦。王者の西岡利晃(Toshiaki Nishioka、日本)は、挑戦者のイバン・エルナンデス(Ivan Hernandez、メキシコ)と対戦。西岡は3回TKO勝ちで3度目のタイトル防衛に成功した。(c)AFP

 会心の感触が拳に伝わる。3回2分過ぎ、挑戦者の右をかわした西岡が、左フックを相手の顔面にたたき込む。同回終了後、挑戦者のあごが骨折している疑いが判明し、そのまま棄権。この一撃で王座を守った。

西岡.jpg

 「結果的に防衛できてうれしいけど、スッキリしない内容だった」。晴れやかな笑顔はない。だが、33歳のベテラン王者は着実にフィニッシュブローに磨きをかけている。試合後、病院へ直行して検査を受けた相手は「下顎(かがく)骨骨折」と診断された。

 この試合では、王者に選択権のあるグローブを日本製よりナックル部が薄いメキシコ製を選んだ。左パンチの破壊力に自信があったからこそ。メキシコ製では、これで8連勝(7KO)だ。

 想定外のプレッシャーが押し寄せてきた。これまで27戦全勝だった、同じ帝拳ジムに所属するリナレスが試合直前によもやの1回TKO負け。同僚の悲痛な表情を見た。7月に後輩の粟生(あおう)隆寛(25)がWBC世界フェザー級王座から陥落。リングに向かう時点で、西岡がジムでただ1人の世界王者となっていた。「ボクシングは何が起こるか、わからない。試合に集中しようと思った」。これが8度目の世界戦。培った集中力が、わが身を救った。

 帝拳ジムは、元世界6階級制覇王者オスカー・デラ・ホーヤ氏(米国)が運営する、ゴールデンボーイプロモーション(GBP)と業務提携している。会場にはGBP関係者も訪れ、観戦。評価はさらに上昇した。V4戦の相手には元世界2階級王者ラファエル・マルケス(34)=メキシコ=が浮上。ビッグネームとの防衛戦なら、悲願のラスベガスでの試合も現実味を増す。「強い相手と闘って、ビッグファイトに挑戦していきたい」。また一歩、ボクシングの聖地へ近づいた
 (サンスポ記事引用)

このジャンルで人気のブログは⇒にほんブログ村 ニュースブログ
posted by ファン太 at 19:45| スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。