2011年01月31日

李が鮮烈Vボレー!日本4度目制覇/アジア杯

サッカー・アジア杯決勝

李忠成.jpg

サッカー・アジア杯決勝(日本1−0オーストラリア、現時時間29日、カタール・ドーハ)ザック・ジャパンが歓喜のVだ!! 日本代表(FIFAランク29位)は決勝で豪州代表(同26位)を延長の末に1−0で破り、2大会ぶりで単独最多となる4度目の優勝を飾った。延長前半9分から途中出場したFW李忠成(25)=広島=が、同後半4分に殊勲の決勝弾。アルベルト・ザッケローニ監督(57)就任後、初の公式大会でアジアの頂点に導いた。日本は13年にブラジルで開催されるコンフェデレーションズ杯の出場権も獲得した。

李忠成がゴール.jpg

オレが決める。日本を頂点へ導く。仲間たちの思いが詰まったボールに向けて、左足を全力で振り抜いた。FW李忠成だ。0−0の延長後半4分、左MFに位置を上げていた長友が上げた渾身の左クロスに、フリーで待っていた。会心の左足ボレー。延長前半9分から、FW前田に代わって途中出場した。2試合連続の延長突入で疲労困憊(こんぱい)のチームメートを救うのは、スタミナ十分の自分しかいなかった。


 「最高です。ずっと出られず待ち続けた。うれしい。ヒーローになろうと思っていました」

李忠成2.jpg

 お立ち台で胸を張った。代表初ゴールだ。今大会、DF吉田、DF伊野波、MF細貝に続いて4人目の国際Aマッチ初得点者となった。ザッケローニ監督の起用は的中の連続。全員で戦う日本代表の構図を、最後も見事に形にした。

 東京都下に実家を構える在日韓国人4世。経営する焼肉店のおいしい肉でたくましく育った男は、08年夏の北京五輪に日本代表として出場することを目指し、柏レイソル所属時代の07年2月に日本国籍を取得した。複雑な思いをした親族もいる中で、強い決意を胸に東京都庁を訪れた。だが、北京五輪は3戦3敗。「この借りはフル代表で返したい」と話していた。

 そこから時間はかかったが、昨季Jリーグで爆発。視察したザッケローニ監督の目に留まった。

 「最高の勝利。最高の気分。団結力で強い豪州に勝った。チュンソン(李)がやってくれると思っていた。思い切ってピッチへ送った。ベンチの選手が結果を出すのがこのチームの素晴らしさだ」

 ザッケローニ監督も興奮してたたえた。ベンチに負傷離脱したMF松井、香川、槙野、酒井のユニホームを掲げて臨んだファイナル。主力とみられた11人以外の選手からヒーローが連続出現した。2大会ぶりにアジアの頂点を奪還し、4度目の王者に。93年の米国W杯アジア最終予選・イラク戦で終了直前に追いつかれた「ドーハの悲劇」を完全に払拭した。ザック・ジャパンは14年ブラジルW杯に向けて強く、たくましく成長した。

豪快なシュートを決めた李忠成、アシストした長友がよかったですが、骨折で決勝に出れなかった香川真司が絶好調だっただけに残念。香川真司は神戸出身なので応援していたのですが・・・。


バレンタイン特集人気のチョコ、スイーツ、限定アイテム

癒しの温泉宿とグルメの旅情報サイト
posted by ファン太 at 14:31 | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183338860
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。