2010年02月17日

マドンナ、パリスは祭り好き?リオのカーニバルに熱狂!



【2月16日 AFP】マドンナやパリス・ヒルトンらが、14日に始まったリオのカーニバル最大のイベントであるサンバチームによるパレードを楽しんだ。

マドンナは2人の子どもやブラジル人のボーイフレンド、ジェズス・ルスと会場を訪れた。

  

地元テレビ局グロボのサイトによれば、マドンナはパレードに加わろうとしたが、カメラマンや警備員が熱狂し混乱する事態に陥ったため、参加をあきらめたという。

その後、リオデジャネイロ州のセルジオ・カブラル知事らとともに、会場に設営されたVIPルームで楽しんだ。

パリス・ヒルトンや俳優ジェラルド・バトラー、歌手のニコール・シャージンガーもパレードを見るため、リオデジャネイロを訪れた。

  

パリス・ヒルトンは別のVIPルームから恋人とともにパレードを見入っていた。(c)AFP

サンバと言えば私が住む神戸にも有名なサンバチーム「フェジョン・プレット」があります。

フェジョンプレット サンバフェスタKOBE2009

そのチーム「フェジョン・プレット」のトップダンサーでもある
「工藤めぐみ」さんが「パシスタ(PASSISTA)」として踊ったサンバチーム「SALGUEIRO」が昨年のリオのカーニバルで優勝しています。今年もパシスタ(少数のトップダンサー)として参加したようですが結果はどうなんでしょうか。

工藤めぐみさんのホームページ「メグのブラジルサンバ奮闘記

幼少時に、サンバダンス、クラシックバレエを習得し、2004年にMEGUサンバレッスンを開講。19歳のとき、本場・ブラジルに単身で渡航。リオのスペシャルチーム 「GRES Portela」 「GRES Tradicao」のオーディションに合格し、パシスタ(少数のトップダンサー)としてリオのカルナバルへの出場を果たす。

以後、「GRES Portela」でショーメンバーへの選出を果たし、同チームでのブラジル・コパカバーナ等の各種ショーをはじめ、南米最大のテレビ局・Rede Globoでの特集番組や、現地雑誌などの各種メディアに出演。ブラジル滞在中、産経新聞にてサンバ日記を連載。帰国後は、神戸まつりや浅草サンバカーニバルなど、国内外の各種サンバイベントでパシスタとして活躍。

 2008年秋、ブラジルに渡航。リオのスペシャルチーム「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro」のパシスタに合格。2009年2月、リオのカルナバルにて16年ぶりのチーム優勝に貢献。

工藤めぐみa1.jpg

2009年秋、ブラジルに渡航。「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro」に再合流。2010年2月のカルナバル出演を目指す。同年12月現在、滞在先のリオ・デ・ジャネイロにて、『メグのブラジルサンバ奮闘記』を好評連載中。

結果はまだ出ていないようですが、今年も優勝してほしいですね。

PASSISTAS DO SALGUEIRO



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  応援ありがとうございました。

posted by ファン太 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141359189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。