2009年11月19日

ワインの新酒を浴びるほど満喫したい人は「ボジョレー・ヌーボー風呂」をどうぞ



「ボジョレー・ヌーボー」のシーズンですが、皆さんはどれぐらい

ボジョレー・ヌーボーのことをご存知なんでしょうね。

私はこの時期に解禁される「ワインの新酒」ぐらいことしか知らな

かったですね。⇒ワインを美味しく飲む

と言うのも、家族のほとんどがアルコールを口にしませんので。(笑)

でもニュースで再三ボジョレー・ヌーボーの話題が出てくるので少し

調べてみました。「ビジネスマナーと基礎知識」によると



ボジョレー・ヌーボーとは(ボージョレー・ヌーヴォーとは)

ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのボジョレー地区で作られたワインのうち、その年のガメ種(またはガメイ種)のぶどうで作られ、11月の第3木曜日に販売や飲用が解禁される新酒のことをさします。

2009年のボジョレーヌーボーの解禁日は11月19日(木曜日)ですね。

このボジョレー・ヌーボーという名称はある条件を満たしたワインの新酒にしか使えません。下記にて詳しくご説明しています。

ボジョレー地区は、ボルドーと並ぶワインの産地、ブルゴーニュにあります。
(ちなみに、このブルゴーニュには、ボジョレー地区の他に、ロマネコンティを擁するコート・ドール地区や、白ワインの別名とも称されるシャブリ地区をはじめ名だたる名産地があります。)

ヌーボーとは

ヌーボーとは(nouveau)、新しいもの、新しいことをさします。
つまりボジョレー・ヌーボーとは、ボジョレー地区で作られたその年の新酒のことです。厳密には生産地や原料、そして製造法も限定された新酒のみがボジョレーヌーボーと呼ばれます。
なお、新酒のことは、プリムール(primeur)とも称されます。

基本的には赤ワインに限られます。シャルドネ種を原料とする白ワインにはボジョレー・ヌーボーという名称は許されません。

引用ここまで



ワインの新酒が何でもボジョレーヌーボーじゃないのですね(笑)

いやー勉強になりますね。(自分で言うな!)⇒便利グッズ

ワインが好きな人はこの時期が楽しみらしいですね。(笑)

そんな人は是非体験してはどうでしょうか?

ボジョレー・ヌーボーを”浴びる”ほど満喫できます。(爆)

【11月19日 AFP】フランス産ワインの新酒、ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)が解禁された19日、神奈川県箱根町にある温泉施設、箱根小涌園ユネッサン(Hakone Kowakien Yunessun)で毎年恒例の「ボジョレー・ヌーボー風呂」が始まった。期間は30日まで。(c)AFP
posted by ファン太 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133368520
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。